SSブログ
前の5件 | -

久しぶりの河口 [カモメ達]


今期は、近場ばかり行っていましたが、そろそろカモメが来てる頃なので
久しぶりに河口に行ってみました。
もっと前に行きたかったのですが、暴風が吹き荒れる日が多くて、
なかなか行けませんでした。

着いたばかりには、カモメさん何も居なくて、やはり時期が少し
遅かったのかなと思いましたが、時間が経つにつれ、沖から次ぐ次と
やってきて、結局100~200羽程になりました。
でも例年より少なめな感じです。

●まずは、ものすごく遠く(500mくらいかな)にいたウミアイサです。
ウミアイサ2021ab18s_e.jpg

●ハジロカイツブリも近くには来てくれませんでした。
ハジロカイツブリ2103aa18s_e.jpg

●カンムリカイツブリは、少し近くまで来てくれました。
カンムリカイツブリ2103aa30s.jpg
こちらは帰り際に撮った夏羽の個体です。
カンムリカイツブリ2103ab35s.jpg

●鴨類は少なくて、物凄く遠くにヨシガモとキンクロハジロがいるくらい。
ヨシガモ・キンクロハジロ2103aa20s_e.jpg

●1時間ほどして、やっとカモメさんが飛んできて。真ん中の白い子が気になります。
カモメ達2103aa23s_e.jpg
拡大(無理やりトリミング)です。
カモメ達2103aa10s_e.jpg
飛翔です。矢印の子です。
カモメ達2103ab20s_e.jpg

カモメ達2103ab10s_e.jpg
セグロやオオセグロの1回冬羽なら、外側(P7~10)の初列風切りに暗色部が
あるはずなのですが、この子には、ありません。
オオセグロ1回夏羽では、こういう個体も居ますが、チョット嘴の暗色部が
小さいような気がします。
遠くて同定はできませんが、シロカモメ1Wあたりかなと思います。

この日、天気予報は晴れのはずでしたが、雲が多くお日様があまり出て
くれませんでした。

続きを読む


nice!(28)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

静かになったMF [キレンジャク]


レンジャクの群れが滞在していたMFも、ヤドリギの実が食い尽くされ
それと共にレンジャクもCMさんも居なくなり、MFは静かになりました。

ヤドリギを見ても、一粒の実も見つけられませんでした。
ヤドリギ2102aa57s.jpg

という訳でチョット前、キレンジャクだけ6羽の群れがいた時の写真です。
キレンジャク2102be40s.jpg

キレンジャク2102bd40sb.jpg

キレンジャク2102bb30s_e.jpg

キレンジャク2102bc30s_e.jpg
まあ、レンジャクは大好物のヤドリギの実の他に、イボタノキ、ナナカマド、
ピラカンサ、クロガネモチ、ヤナギの花なども食べるので、
探せば、まだその辺に居ると思います。

●レンジャクが居なくなると、鳥さんは殆どいなくなって寂しいのですが、
 チュウヒさんは、まだ居ます。
チュウヒ2102be50s.jpg

続きを読む


nice!(28)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

春が来た。でも、また冬にもどりそう。 [野鳥]


土日と温かい日が続きました。
土曜日は雲が多く、パットしない1日でしたが、日曜日は午後から日差しがでて
20℃近くまで気温が上がりました。風も少なく、暦が2か月程進んだ感じでした。
今週は、又寒の戻りがあって、氷点下まで下がる予報になってます。
こう寒暖差が大きいと、体調を崩しやすいので、体調管理には
特に気を付けたいですね。

今回は先週の山の公園です。11時と遅い出勤になってしまいました。
まあ、この時間帯が散策する人が少なくなる時間帯なので密にならなくて済みます。
野鳥も結構出てくれます。
夏場、この時間帯は鳥も昼休みなのですが、冬鳥は少し違うようです。

●まず居たのはシロハラ。今まで隠れていたシロハラ。最近は良く見られます。
シロハラ2102aa35s.jpg

●湿地に居たのはキセキレイ。
キセキレイ2102aa40s.jpg

●キセキレイを見ていると近くにアトリがいる事に気づきました。
 湿地に居るときは保護色で良く見えませんでしたが、湿地の上の木に
 もう1羽止まってた。雄は、かなり黒くなって夏羽に移行中のようです。
アトリ2102aa40s.jpg

湿地から上がってきた、この子は雌1回だと思います。
アトリ2102ab57s.jpg

●最近は出が良くなったルリビタキ雄2号。
ルリビタキ2号2102aa40s.jpg

ルリビタキ2号2102ab35s.jpg

続きを読む


nice!(33)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

黄色い子 [キレンジャク]


相変わらず、鳥見に行けてないし、行ってもMFばかりですが、
今は、この子達がいるので意外と楽しめます。

レンジャクは、100羽近い群れが来たそうで、ヤドリギの実が食い尽くされた
のではと思いましたが、大きな群れは通過しただけだったようで、
滞在しているのは、10羽程度です。ヤドリギの実は、まだ残っていました。
CMさんは10名程居ましたが、密にならないようチョット離れて、
短時間だけの撮影です。

●ヒレンジャク6羽いますね。短時間の探鳥なので実際の数は把握できてません。
ヒレンジャク2102aa50s.jpg

ヒレンジャク2102ab40s.jpg

ヒレンジャク2102ac25s.jpg

この群れとは別に、キレンジャクが2羽いました。キレンジャクを見たのは
久しぶりです。
●キレンジャクです。
キレンジャク2102aa30s_e.jpg

キレンジャク2102ab35s.jpg

キレンジャク2102ac25s.jpg

キレンジャク2102ad25s.jpg

毎年、この時期にイカルとシメが居るのですが、今シーズンはシメが居ないです。
●イカルです。
イカル2102aa40s.jpg

ここは、早々に引き上げて別の場所へ。

続きを読む


nice!(32)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1号2号 [ルリビタキ]


山の公園には、ルリビタキの雄が3羽、居るようです。
ただし、この公園は、だだっ広くて2.15㎢の広さ(公園と指定されている所の
面積だけで、周りも入れるともっと広く3~4㎢くらいあるように
感じます)
があります。

雄3羽といっても、公園の一部に限っての話で、公園全体では何羽居るかは
全く分かりません。

私は、3羽共見てはいますが、1羽は見ただけで撮れてないので
そのうち、会いに行きたいと思います。2羽は人馴れしてきたようで
会える事が多くなってきました。

●ルリビタキ雄2号(名前は勝手に付けてます)です。
 まだ若い個体で3Wくらいだと思います。
ルリビタキ2101dc45s.jpg

ルリビタキ2101db30s.jpg

ルリビタキ2101dd40sc_e.jpg

●ルリビタキ雄1号です。
 こちらも若い個体で3W~4Wくらいだと思います。
ルリビタキ2101ea50s.jpg

●ルリビタキ雌タイプは、なん羽居るか把握できていません。
ルリビタキ2101ca35s.jpg
上と同個体です。
ルリビタキ2101cb40s.jpg
上の子の近くで撮った(時間は違います)ので同一個体だと思ったのですが
脇の黄色い部分が少し違うようで、別個体かもしれません。
ルリビタキ2101cc35s.jpg
会えない日は、1羽も会えない時もありますが、会える時は何羽も会えますね。
みんな同じ日に撮影したものです。

●アオジも慣れて来たようで撮らせてくれるようになりました。
アオジ2101aa35s.jpg

●ビンズイは少し増えた気がします。
ビンズイ2101aa57s.jpg

●相変わらずヒガラは多いです。暗い所で水を飲んでました。
 同じ所に3羽居た内の1羽です。暗いので色があまり出ませんでした。
ヒガラ2101ba45s_e.JPG

●この後、河川敷にベニマシコでも探しに行こうと思いましたが、その前に
 ウソでも来ていないか、桜の木が多い場所に寄った所、居たのはベニマシコ。
 山の公園内ではありませんが、山の公園から50mくらい所に居ました。
 河川敷に行く手間が省けちゃった。ベニマシコ雌タイプです。
ベニマシコ2101aa40s.jpg

それでも、その後河川敷に行きましたけどね。

続きを読む


nice!(21)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -